読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六畳一間に会社を作りました

脱サラして自宅に会社を作りました。副業の心得やらノウハウやらWEBライターやヤフオク!でお小遣いを稼ぎたい人のために情報を発信中!

ヤマト運輸が英断した「時間指定配送」とは?

便利な世の中になったもんだ。

インターネットで注文したモノは次の日には確実に届いて、使える様になったのだから。釣具も工具も、仕事で使う物品だって今やナット一個から丁寧に梱包されて配達されるのだ。

さて、今回は「宅急便」のお話…

宅急便は万能なのか?

f:id:haro33takoshi:20170306195129j:plain

toyokeizai.net

不思議に思ったことはないだろうか?

はるか遠くのネットショップ(Amazon含む)で購入したモノが次の日には間違えずに確実に手元に届くことを。

冒頭で便利になったと話したが、世の中本当に便利になった。超大急ぎで荷物を運びたければ金額に関係なく「急行便」なんてサービスで日本のはるか先へ当日中に届けてくれるサービスもあるし、何より宅急便は間違えずに家まで運んでくれる。冷凍ものだってネットで買えちゃうし、本当に便利だ。

前記したリンクの記事を読んでくれたと思い進めるが、宅急便は本当に万能なのか?疑問に思った方はどれだけいるだろう?

ある意味ブラック企業、宅急便業

f:id:haro33takoshi:20170306195221j:plain

宅急便業界に知り合いがいるのだが、年間休日は100日を切るのである。ひどい人は80日前後の休みでしかない。今で言う「ブラック企業」である。なにがどうブラックなのか判断基準が難しいが、現状を見る限り、なかなか過酷な労働環境だ。

写真のように「外出してるからこちらまでお電話を!」なんて優しく貼ってくれる住民なんかおらん、らしい。

むしろ結構理不尽にモノを言う受けてのほうが多いのだそうだ。例えば・・・

「昨日来たねーちゃんと違うから受け取らへん」

とか

「そんなもんたのんどらんわ!」

とか、例を挙げればキリがないのである。

コレでは働いている方はたまらない。辞めたくなるのも本当に判る。

不在不配が原因か?

先日ニュースを観ていたら面白い試みを行う自治体があった。宅急便の不在不配を80%も低減したという自治体のニュースだ。

sumai.panasonic.jp

宅配ボックスの利用で宅急便の再配達を失くす試みをされているのだ。

受取印の捺印もこのボックスがあればぺたっと押せるし、何よりうちに不在でも荷物を金庫のようなボックスに入れてくれるので非常に便利。筆者も導入しようかと真剣に検討中である。

ちなみに価格だが・・・

 

 戸建用の宅配ボックスが44,000円。決して安い買い物ではないが、コレで再配達の手間を減らせるなら安い投資だと断言する。特に筆者のように荷物が小物(ルアーとかね)ばかりで、不在が多いなら本当に重宝する。

それにコレならそう簡単に盗まれないだろう。

便利さの裏側を知ってもっと便利に・・・

ちょっと便利過ぎる世の中、少しくらいの不便と時間的余裕はなくちゃ駄目だよな、と最近考える。物事が速い潮流で流れても人の心は以前と同じように流れないと、どんどん荒んだ便利さの追求になってしまうように思えるが、いかがだろう?